3月7日 行財政・危機管理対策特別委員会

特別委員会で「地域防災計画見直しによるガソリン・灯油等の危機管理対策」「総合支庁の分庁舎廃止に向けた問題点」「酒田光陵高校校歌について」質問しました。校歌制作に向けた経過は、まず4校教職員による「学校生活・特別活動班」で候補者選定され、2月に完成・記者発表に至りました。作詞者の意図は「心」「あたたかくやさしい心」「人と人とが豊かに生きるための大事な心」を伝えたいとの思いです。地域学校の反応は様々です。賛否色々あるものですからあえて質問させていただきました。これも光陵高校の発展を祈るがゆえです。庄内最大の高校・庄内酒田を感じさせる言葉がほしい、知性や威厳が感じられない、新高校の新機軸である「公益」に触れているのか、など意見も寄せられています。大事なことは、制作にあたってもっと広く市民やPTA等の意見を取り入れたものにしなければならないと思っています。
カテゴリー 活動報告 |

コメントを残す