6月11日 遊佐高等学校創立85周年式典、講演

昭和2年6月に実業高校として設立し、昭和23年学制改革で県立高校となり、今日まで7,804名の卒業生を送り出してきています。まさに地域に密着した高校として今日まで運営されてきた事に歴代先生はじめ保護者・PTA・地域の皆様に心から敬意を送ります。校章はチョウカイフスマで、鳥海山に代表される高山植物です。その後、記念講演として加茂水族館館長村上龍男氏から「世界一になった老朽弱小貧乏水族館」と題して独特の口調で参加者にアピールされました。

遊佐校ソーラン部演舞

カテゴリー 活動報告 |

コメントを残す