政策・理念 金子敏明の6つの約束

 若者の雇用確保と定住対策

地元で働けることが何よりも大事です。
そのためには、新産業の創出を目的とした 産業・行政・学校・金融機関などによる
「地域活性化戦略会議」を設置し、共同開発を進めます。

現在ある「山形県雇用対策総合連絡会議」を
関係自治体・関係機関・労働界・教育界・NPOなどを参加させながら、
県民を始めとする様々な主体との対話を積極的に進め、
関係者が一体となった雇用確保に向けた取組みにつなげていきます。

職業教育を充実させ、雇用のミスマッチを解消します。

庄内の環境を生かした日本一の農林水産業を目指す

庄内は全国一の農業基地。
食糧安保を基本に生活できる農林水産業を目指します。
そのためには、6次産業化を確立し、県外・国外へ流通経路を充実・強化します。

育てる漁業を確立します。
そのためには漁港の整備を始めイワガキなど全国に誇れブランド品として発信していきます。

森林の荒廃が海産物に影響しています。
地域の林業事業体の育成整備、労働力確保対策が喫緊の課題です。環境をベースとした林業政策を推進していきます。

安心な社会保障制度の充実

医師の確保と病・診連携で、誰でも安心して受けられる医療体制を確立していきます。

介護に関する情報普及啓発等、仕事と介護の両立促進のために必要な介護支援を推進していきます。

高齢者の単身化が増大していることから、安心して暮らせるよう住民間の情報交換や
民生委員の増員等、地域コミュニティにおいての支援システムを構築していきます。
また、自殺・うつ病対策にも力を入れていきます。

環境保全と芸術文化の振興

鳥海山をはじめとした豊かな自然を大切にした環境保全に努めます。
特に、鳥海山の豊かな地下水を守るため、国への働きを含め法律改正を目指していきます。
地域の芸術文化・民族芸能文化のさらなる振興によって豊かな心を育てます。

ワンストップサービスづくり

高度化する消費者からの相談に的確に対応するため、相談員の確保や対応力強化をはかり消費者行政を強化します。
そして、各種相談に1箇所で解決できるワンストップサービスを推進していきます。

所得が低い人ほど、孤立・無縁社会・情報不足となっています。
孤立させない充分な情報と正確な知識を知る場の提供が必要です。地域内での情報の共有化・異世代の交流を増やし、あったかい絆を作っていきます。

地場中小企業を応援

中小企業あっての日本経済です。がんばる地場の中小企業を応援します。
インフラの整備を始め、地域の特色に合った街づくりを推進します。

子育て施策の充実

働きながら子育てができる職場・社会環境を整備し、「ワーク・ライフ・バランス」を着実に推進させていきます。

企業に対して「企業による仕事と子育ての両立支援の積極的な取組み普及」について
県としての具体的な行動計画を作成し、制度導入と利用しやすい環境づくり・支援策を講じていきます。

学童保育の環境を向上させるため、対象者の拡大や適正規模の実現、
サービスの利用保障強化、人材確保とサービスの質の向上を実現させていきます。

教育政策の充実

保護者の所得格差による教育格差が増大しています。
また、特別支援学校への入学者が急激に増えている実態を踏まえながら、
障がいのある子どもたちの教育が十分に行えるよう整備していきます。

少人数学級を基本とした教育システムが必要不可欠です。
特に児童生徒への個別対応の重要性が増していること、発達障がいや日本語指導の必要な児童生徒の増大に対応するため、
「さんさん」プランの確実な推進と拡大を進めていきます。

酒田新高校「酒田光陵高校」については、地域・現場の声を尊重した取組みを行います。
特に通学路の整備を進めるとともに、体育施設についても生徒と一般市民の利用が
スムーズに行なわれるように整備していきます。